日商PC検定の文書作成編 - アルバイト・転職に関する耳より情報とビジネスのマル秘情報

日商PC検定の文書作成編


日商PC検定には幾つかの分野があり、それぞれ要求される内容が異なります。
対象となるスキルは、もちろんパソコンを使うものに絞られます。
パソコンといってもプログラムのような分野からソフトを使って何かをするといったものまで幅は広く、日商PC検定では後者が該当するでしょうか。
実務的な能力を問う検定とも言えるので、自分のスキルレベルを確認する意味で日商PC検定を受けてみるというのも良いでしょう。
もちろん日商PC検定に関する情報は、日本商工会議所からチェックするのが確実でしょう。
日商PC検定の試験日は試験会場によって異なる場合があるため、情報収集は忘れずにしておきたいです。
ベーシック級ともなれば合格率は非常に高いですが、日商PC検定文書作成の1級はそれなりの難易度と言えます。日商PC検定を取得して就職や転職が有利になる、という事はないかもしれませんがスキルアップの一歩としては良いレベルと言えそうです。
その名の通り文書作成を目的とした能力を試す検定ですが、その情報だけでは日商PC検定対策として不十分です。
それはまた別の機会として、受検する分野に合わせた問題を見ていきましょう。
ひょっとすると、こうしたところから日商PC検定の試験は始まっているのかもしれませんね。
それ以外にも、ブログやサイトから日本商工会議所に関する様々な情報をチェックすることが出来るようです。


2013.09.06|コメント(−)トラックバック(−)Edit
「日商PC検定の文書作成編」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Copyright © アルバイト・転職に関する耳より情報とビジネスのマル秘情報 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます