日商PC検定データ活用編 - アルバイト・転職に関する耳より情報とビジネスのマル秘情報

日商PC検定データ活用編



日商PC検定はパソコンの能力や知識を確認するものですが、広大な範囲を全て網羅する必要はありません。
立場的に、資格を取得して能力を証明というのが一般的な考えかと思われますが日商PC検定は自己啓発の方が感覚としては近いでしょうか。

日商PC検定に向けた問題集が幾つか出ているので、気になった方はチェックしてみると良いでしょう。
自信を付けて次の試験の弾みに、という考え方なら日商PC検定も大いに役立ってくれるでしょう。
日商PC検定は、資格そのものが役に立つ事はあまりないかもしれません。
弁護士資格のように、それだけで仕事を得られるというものではありませんからね。
ビジネスコンピューティング検定試験の終了によって日商PC検定が誕生する事となり、データ活用の分野も生まれました。
ただ、この歴史の浅さという資格検定における不利点は日商PC検定が日本商工会議所に属しているという点である程度は補えるのではないでしょうか。
要するに、日商PC検定の試験に合格するという事はそれだけの能力を身につけたと言い換える事ができます。
検定試験を受ける目的といえば、職業的な問題や自己啓発が考えられますね。
日商PC検定の出題範囲や試験難易度を考えると、取得して能力をアピールするには少々印象が薄いかもしれません。


2013.09.07|コメント(−)トラックバック(−)Edit
「日商PC検定データ活用編」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Copyright © アルバイト・転職に関する耳より情報とビジネスのマル秘情報 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます