ソフト開発業界へ40代での転職 - アルバイト・転職に関する耳より情報とビジネスのマル秘情報

ソフト開発業界へ40代での転職


正直言って、40代での転職を試みるのはかなり無謀な事、恐らく家族に話したら猛反対されるでしょう。
事実、中高年の転職を取り上げたブログやサイトでも、パソコンの重要性と共に、事務処理資格の重要性も謳っています。
ただ、今の会社で20年頑張ったんですから、残りの20年は自分の本当にやりたい事をやりたいんですよね。
40代での転職でIT関連の企業に入るためには、意外や意外、簿記やTOEICの資格を持っているとかなり有利になるとか、ならないとか・・・。40代での転職を考えている人のための講座というのが、先日ある人材派遣会社の主催で開かれました。
40代での転職で成功するには、これまでに複数の職種を体験し、複数のスキルや資格を有しているといいというような話が口座の中では言われていました。
自分はそれを目標に40代での転職のための活動をして行きたいと思っています。
今回の40代での転職講座に出席していた人の多くは、私と同じように、遣り甲斐を求めている人達でした。

40代での転職でスキルアップと所得アップを願うのであれば、やはり今をときめくIT関連の会社の転職組になる事。
妻なんか大声を張り上げて言いますよ、きっと、”今さら何を考えてるのよ!”ってね。
何しろ失敗したら、家族を泣かす事になりますし、自分ももうそう簡単にはやり直せないですからね。
事務関連の資格は実務経験不要のものが多いので、40代での転職を考える上での準備の一つとして取得するというのは悪くないと思いませんか。
40代での転職組として迎え入れ、即戦力として今まで不足していた部分を補ってもらえるのであれば、会社としては少々いい条件を出しても惜しくはないというものです。


2013.09.30|コメント(−)トラックバック(−)Edit
「ソフト開発業界へ40代での転職」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Copyright © アルバイト・転職に関する耳より情報とビジネスのマル秘情報 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます