中国語検定の過去問活用術 - アルバイト・転職に関する耳より情報とビジネスのマル秘情報

中国語検定の過去問活用術

中国語検定には準4級から1級まで6段階ありますが、ちょっと勉強したことがある人にとってはどの級からはじめたら良いか迷ってしまいますよね。
そんなときに役に立つのが中国語検定の過去問です。
中国語検定試験の試験要項についてはこのWEBサイトで確認することができますが、より詳しくレベルを知りたいのであれば過去問を見るのが一番です。
中国語検定の1級は他の語学系検定の1級よりも難易度が高いといわれますが、その意味が過去問を見てみればよく分かります。
中国語検定の合格者がどのように過去問を活用しているのか、ブログやサイトなどで探ってみるのも良いかもしれないですね。
最近の中国語検定の傾向が過去問を通して分かるので、効率的に勉強を進めることができます。
中国語検定の無料の過去問と有料の解説付き回答、受験を考えているのであればぜひ利用したいですね。
有料ではありますが、解説付きでの販売なのが嬉しいところです。
中国語検定の過去問をやってみたけど、どうしてこういう回答になるのか分からないという人には自分の手で調べる手間が省けて合格までの時短になるかもしれないですね。
分からないところや、頻繁に出てくる形式の問題を過去問で何回も繰り返し解いてみれば、こういうことだったのか!と思うときがきっときます。

中国語検定試験はリスニングと筆記で構成されていますが、リスニングの過去問は有料で配布されています。


2013.10.12|コメント(−)トラックバック(−)Edit
「中国語検定の過去問活用術」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Copyright © アルバイト・転職に関する耳より情報とビジネスのマル秘情報 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます