中国語検定のリスニング - アルバイト・転職に関する耳より情報とビジネスのマル秘情報

中国語検定のリスニング


中国語検定3級のリスニングについては、語彙力が左右されるので、勉強方法としては听写が良いでしょう。
発音はある意味開き直ることができますが、聞き取れないものは開き直っても聞き取れないので、リスニングは中国語検定の鬼門となっています。
記述式の中国語検定の解答は、簡体字の使用が原則ですが、2級以上の級は、簡体字未習者の繁体字の使用でもOKです。
中国語学習の特徴として、リスニングの難しさが挙げられ、中国語検定にとっての最重要課題になります。
厄介なのは中国語検定のリスニングが挫折しやすい初級段階で、最も重要な役割を果たしてしまうところです。
リスニングというのは、中国語習得の要であり、中国語検定においても、最も重要な項目と言っていいでしょう。
そうした人は、中国語検定のリスニング対策として、聴き取りと書き取りを繰り返すしかないでしょう。
書き取りは大変ですが、中国語検定のリスニングの勉強で、ダラダラと長い時間聴くよりはましで効果的です。
合格基準点については、中国語検定の場合、リスニングを含めて、難易度を考慮して調整されます。
中国語入門者は、中国語検定のリスニング対策として、大量に聴くことが大事ですが、3級レベルの受験者なら書き取り学習がおすすめです。


2013.10.16|コメント(−)トラックバック(−)Edit
「中国語検定のリスニング」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Copyright © アルバイト・転職に関する耳より情報とビジネスのマル秘情報 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます