中国語検定の合格率 - アルバイト・転職に関する耳より情報とビジネスのマル秘情報

中国語検定の合格率


準4級程度なら、少し頑張って勉強すれば簡単に合格できますが、中国語検定の3級からは対策を練って臨まなければなりません。
第69回の中国語検定の合格率が一番低いので、その時の試験が最も難しかった試験だと判断できます。
何れか片方が合格基準点に届かなかい場合は、中国語検定は不合格になるので、偏りのない勉強が必要です。

中国語検定の合格率は厳しい状況にあり、合格基準点をもとに合否判定するので、当日の試験の難易度で合格率は変わります。
3級の中国語検定は、一般大学の第二外国語での第二年度履修程度で、合格基準が65点、合格率は38.4%です。
2級の中国語検定は、実務能力の基礎づくり完成の保証と、やや高度の中国語の文章を読むことができ、3級程度の文章が書けることです。
リスニングと筆記試験それぞれに合格基準点が設けられていて、中国語検定の合格率も、それぞれに決められています。
日常的な話題での会話が行えることが大事で、中国語検定の合格基準は70点、合格率は24.3%です。

中国語検定で1級の場合、合格基準が85点で合格率は2.6%となっていて、非常に狭き門です。
準1級に関しては、中国語検定においては、実務に即従事しうる能力の保証と、通常の文章の中国語訳、日本語訳ができることです。


2013.10.20|コメント(−)トラックバック(−)Edit
「中国語検定の合格率」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Copyright © アルバイト・転職に関する耳より情報とビジネスのマル秘情報 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます