カリグラフィを活かす仕事 - アルバイト・転職に関する耳より情報とビジネスのマル秘情報

カリグラフィを活かす仕事


自分のキャリアや実績を構築するのにカリグラフィは非常に有効なので、将来の仕事に備えて楽しみましょう。
先ずはカリグラフィの助手からスタートしなければならず、きちんとした仕事にありつくには時間がかかります。
助手の間は、給料は無いに等しいので、カリグラフィの仕事で稼ぐというのは、非常に厳しいものがあります。
その時に、カリグラフィの仕事について、自分が通っている教室の先生に聞いてみるといいでしょう。
また全てのカリグラフィの技術を習得した後、講師やカリグラフィー協会などに問い合わせてもすぐに仕事は見つかりません。
カリグラフィが好きで、あまり知られていなかった頃から勉強していた人でも、仕事として身を立てるのは難しいようです。

カリグラフィを小学生の頃から始めている人でも、大学生になる頃にようやく全て終了するという感じです。
カリグラフィを書く技術が、どの業種に一番適しているかは、一概に言えませんが、どんな業種でも将来何らかの役には立つでしょう。
また、カリグラフィの講師になるには、スタートから少なくとも10年くらいはかかると言われています。
どうしてもカリグラフィを逝かせる仕事につきたいのなら、デザイナーになるといいでしょう。


2013.11.20|コメント(−)トラックバック(−)Edit
「カリグラフィを活かす仕事」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Copyright © アルバイト・転職に関する耳より情報とビジネスのマル秘情報 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます